​原料データ一覧

今年の特別推薦原料

ニコチンアミドモノヌクレオチド

ニコチンアミドモノヌクレオチド(「NMN」、「NMN」および「β-NMN」)は、リボースおよびニコチンアミドに由来するヌクレオチドである。NMNは、ニコチンアミドリボースと同様にビタミンB群に属する。人には、NMNを利用してニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド(NAD+)を生成する酵素がある。ビタミンB3の中に含まれる成分のひとつ。ヒトやあらゆる生物に存在し体内で自然に生成されている物質ですが、年齢とともに減少し、その結果、体調面の変化を感じられる様になると考えれられています。

ベータカロテン

β-カロテン(ベータカロテン、ベータカロチン、β-carotene)は、植物に豊富に存在する赤橙色色素の一つ。両末端にβ環を持つ最も一般的なカロテンである。ビタミンAの前駆体(不活性型)である。テルペノイドの一つであり、水には溶けないが脂溶性は大きい。分子構造はKarrerらによって推定された。自然界ではβ-カロテン-15,15'-モノオキシゲナーゼ(EC 1.14.99.36) の酵素反応を受ける。β-カロテノイドはゲラニルゲラニル二リン酸から生合成される。

セラミド

セラミド (ceramide) はスフィンゴ脂質の一種であり、スフィンゴシンと脂肪酸がアミド結合した化合物群の総称である。セラミドは細胞膜に高い濃度で存在することが知られている。 細胞膜においてセラミドはスフィンゴミエリンを構成する脂質の一つであり、また脂質二重層を構成する主要な脂質の一つでもある。長年にわたり、細胞膜に存在するセラミドとその他のスフィンゴ脂質は単なる脂質膜の構成要素であると思われてきたが、現在ではこの考えが完全に正しいわけではないことが分かってきている。セラミドの生体作用のうち最も魅力的であると思われるのは、酵素群により細胞膜からセラミドが遊離し、これがシグナル伝達物質として作用する機能であろう。セラミドの細胞シグナル伝達物質として、分化、増殖、プログラム細胞死(PCD)、アポトーシス(タイプI PCD)を制御することがよく知られている。

レスベラトロール

スベラトロールはスチルベノイドポリフェノールの一種。系統名は3,5,4'-トリヒドロキシ-trans-スチルベン。いくつかの植物でファイトアレキシンとして機能しており、またブドウの果皮などにも含まれる抗酸化物質として知られる。マウスなどのモデル生物・実験動物を用いた研究では、寿命延長・抗炎症・抗癌・認知症予防[・放射線による障害の抑止・血糖降下、脂肪の合成や蓄積に関わる酵素の抑制などの効果が報告されている。

イソフラボン

イソフラボンは、フラボノイドの1種である。3-フェニルクロモン (3-phenylchromone) を指し、広義には後述のイソフラボン類に属する誘導体をイソフラボンと称する。狭義のイソフラボンは生物では検出されない。生物ではフラバノンの異性化反応によって 5,7,3'-トリヒドロキシフラボンが作られ、多くは配糖体として蓄えられる。エストロゲン様の活性あるいは阻害の両方が見られ、乳がんや骨粗しょう症では保護的であることを示した報告が存在する。また、研究報告には、通常の食事の範囲において予防的な結果が示されていることが多い。

イノシトール

イノシトール (inositol) は、シクロヘキサンの各炭素上の水素原子が1つずつヒドロキシ基に置き換わった構造(1,2,3,4,5,6-シクロヘキサンヘキサオール)を持つ、シクリトールの1種である。広義にビタミンB群の1種とも言われており、ヒトの場合、糖尿病などが原因で体内でイノシトールが不足すると、神経症状が起こるなどの悪影響が知られている。ヒトのグリア細胞や神経細胞は、細胞の浸透圧の調整にイノシトールもオスモライトとして利用されていることが知られている。

全原料データを閲覧するには、専用アカウントをログインしてから、ご利用ください。 

新規登録したい方は、こちらへお問い合わせください 

輸入原料
大阪市中央区博労町1-4-10博労町エステートビル603号
TEL 06-4708-4480  FAX 06-6265-8078
#603, Bakuroucho Estate Bldg, 1-4-10 Bakuroucho, chuo-ku, Osaka
TEL +81-6-4708-4480  FAX +081-6-6265-8078
Copyright ©  JAPAN SYNTHETIC MEDICAL PHARMACEUTICALS, Inc. All rights Reserved